施術家としての思い(第一話)

無用な苦しみをなくしたい

やりたい事ができるように

たとえば小さな棘が足の裏に一つ刺さったとします。たったそれだけでも、それが気になって気になって、やろうとしている事に集中できなくなってしまうものです。風邪をひいて熱が出たり、多くの人が経験する肩こり・眼の痛み・頭痛・腰痛や、怪我、内臓の病気なども、やはり同じように集中力を奪い、とても辛い気持ちにさせます。

体の症状ばかりではなく、何かしたいことがあるのにその行動にブレーキを掛けてしまう過去の経験や思い込みなども含めて、自由に、思うように、やりたいように振る舞えなくしてしまう要因はたくさんあると思います。

そんな棘のようなものを取り除くために自分の経験と技術が活かせて、自分が関わる世界から無用な苦しみをなくしたい。そんな思いで施術家を19年間続けて参りました。

無限の能力を信じて

人は本当は完璧だった

薬を飲めば痛みや熱などの辛さを緩和することはできることもありますが、それは一時的なもので薬の効用が切れてしまえばまた再発します。そして、薬には弊害もあります。

「再発しない体づくりはできないか?」
「なぜ、その痛みが出てきたのか?」
「病院に罹る人が増え続けるのはなぜか?」

これまでこの問い掛けをずっと続けてきて、自分も含めてお客様の体が常に提示していたのは、生命がもっている能力『自然治癒能力』というものの存在でした。

 

よくよく考えてみれば人の内側には、最新の設備が整った病院があり、優秀な医者看護師がいて、救急車消防車も常駐しており、最高のが常備されていて、おまけに機動隊武器まで準備されていて、何かがあればすぐに駆けつけて処置してくれるようになっています。そればかりか、体温、姿勢、心拍などを制御するためのセンサーと制御装置は24時間体制で監視をして、生まれた瞬間にはすでに決められていた規定値を維持するように働き続けています。

これらの能力のことを『自然治癒能力』と呼んでいるのですが、ところが、この優秀なシステムにはどうやらキャパシティ(能力の上限)があり、それ以上のことが起こると警告を発する仕組みになっているようです。その警告を私たちは「症状」という形で体験します。

これまで信じられてきたことと違うのは、たとえ病気であっても『自然治癒能力』は常に100%発揮されているということです。信じられないかも知れませんが、このことが理解できないと上記の3つの問い、つまり、

「再発しない体づくりはできないか?」
「なぜ、その痛みが出てきたのか?」
「病院に罹る人が増え続けるのはなぜか?」

を解決することができないという事が分かってきました。

病気は自然治癒能力が起こしている

前に進むために「見方」を変える

病気というのは、『自然治癒能力』が100%発揮されているからこそ発症するものだということを理解するのは容易ではないかも知れません。しかし、そう考えることによって「病気」というものの見方が変わります。

『自然治癒能力』は、自分のキャパシティ(能力の限界)を明確に理解していて、それを超える状態になると「症状」や「病気」を引き起こして知らせようとするのです。

これは自分という存在を守るための動物的な生存反射で、「病気」は自分を守ろうとする力が最大限に発揮されている一つの証ということができると思います。「病気」から回復させようとする能力だけを『自然治癒能力』と呼ぶのではないのです。

その能力を信じることができてこそ、はじめて、ではどうすればいいか?という次のステージに進むことができます。

体の声に耳を傾ける

体はちゃんと語っていた

「キャパシティオーバーは
 何によって起こされているか?」

この問い掛けが”棘”を取り除く最も重要な問い掛けとなり、お客様の体の声に敏感であることの重要性を常に考えるようになりました。

ご縁をいただいたお客様がもっと自由に、思うように、やりたい事を精一杯やれるようにサポートするということは、お客様の体の声に耳を傾けて、キャパシティオーバーを引き起こしているものが何かを専門家としての知識と経験によって裏付けして、お客様の同意を得た上で実際に”棘”を取り除く作業をすることだと考えます。

 

キャパシティオーバーを引き起こすときは、「何かが多すぎる」場合と「何かが足りない」場合とがあるのですが、このバランスを見極めて適切なアプローチをすることが施術家には求められます。

そのために必要な技術を追求していくうちに西洋医学の考え方と東洋医学の考え方を並行的に学ぶ必要性に迫られてきたのですが、19年間の施術経験の中でそれらを選りすぐり、研鑽してきたつもりではありますが、まだまだ至らないことも沢山あります。

それでも多くのお客様から喜びのお声をいただいて、何とかこれまでやってくることができました。一人でも多くのお客様の喜びとハッピーのために、これからも引き続き人間の研究と医学の研究を怠ることがないように精進したいと思っております。

おわりに

『自然治癒能力』の持っているキャパシティ(能力の限界)は後天的に引き上げられることが分かっています。食生活や運動、それに柔軟性の向上の大切さはそのために語られてきたものであると思います。

『自然治癒能力』の持っているキャパシティを高めるための提案をすることも施術家としての役割の一つであると認識しております。

いま現在、何か辛い症状や痛みをお持ちで適切な対処方法を模索していらっしゃるのでしたら、身体面・精神面・生活面など多方面からその原因を突き止めて負担の少ない施術をご提供するナチュラル メディケアの総合療術をどうぞお試しください。

※2018年11月時点の記事です
施術者プロフィール

 

ナチュラル メディケア
あざみ野・市が尾・江田・都筑区

営業時間 10:00~19:00
営業日  月・火・水・木・金・土・日曜日
(月水金は15:00で終了)
(火水木は出張のみ対応)

∞—————————————————————–∞
◼︎慢性症状を得意とするこの道22年の総合療術整体院◼︎
▷横浜市/都筑区・港北区・青葉区・あざみ野

▷お腹のセルフケア講座随時開催
▷カフェキネシインストラクター資格・短期取得可能

施術のご相談・お問い合わせは
ご相談・お問い合わせフォーム

★施術のご予約はこちらです
∞—————————————————————–∞

関連記事

  1. 治る人と治らない人の違い

  2. 新年のご挨拶 ​

  3. 『キネシオロジー』を初めて聞く方へ

  4. 筋力だけを意識しても効率的なトレーニングはできません

  5. ”源(みなもと)”

  6. 肩の症状を悪化させる間違ったアプローチ

ご相談・ご予約

ナチュラル メディケア
080-3347-4875
<あざみ野・市が尾・江田・都筑区>

 

24時間フォームからのご予約

施術のご相談

 

初回限定3000お試し
当サロンの新型コロナ感染防止対策
長引く不調で不安な方へ
関節リウマチでお悩みの方へ

  1. 2021.09.30

    当院はこんな所。病気の方→未病の方→健康体の方。目指すの…

  2. 2021.05.10

    施術家としての思い(第二話)- 誰かの希望であり続けたい…

  3. 2020.05.14

    関節リウマチ:腸との意外な関係を知ることで日常生活に支障…

  4. 2020.01.25

    自閉症スペクトラム障害に対する施術経過

  5. 2020.01.04

    新年のご挨拶「成し遂げたいことは何ですか?」

  1. 2020.05.14

    関節リウマチ:腸との意外な関係を知ることで日常生活に支障…

  2. 2020.01.25

    自閉症スペクトラム障害に対する施術経過

  3. 2019.02.28

    頭を空っぽにする

  4. 2019.02.05

    目がまう・フラフラする:突発的な症状も慢性化した症状もお…

  5. 2019.02.01

    頭の休息と免疫力

  1. 2018.11.22

    施術家としての思い(第一話)

  2. 2018.03.22

    ​院長履歴 Vol.2:セラピストになる

  3. 2018.02.21

    ​院長履歴 Vol.1:気功師

  4. 2017.10.25

    世知辛い世の中で指針となるもの